スポンサーリンク

【Unity】TextMesh ProがUnityに組み込まれました

TextMesh ProがUnityに組み込まれました

Unity 2018.2からだと思いますが新規作成プロジェクトにTextMesh Proが組み込まれるようになりました。
アセットを追加していたころと少しだけセットアップの方法が変わりました。少しだけハマったので、書いておきます。

新規プロジェクト作成時点

下記のように、すでに組み込まれています。

バージョンなどは、パッケージマネージャで確認できます。
[Window] → [Package Manager]

TextMesh Pro Version 1.2.4となっています。Version 1.3.0 PreView も利用できそうです。必要な方はUpToDateしましょう。
削除は、Removeです。アセットが不要な場合は削除しましょう。

利用するための準備

セットアップすることが必要です。
[Window] → [TextMesh Pro] → [Import TMP Essentinal Resources]で、サンプルを含まない基本セットアップが完了します。

サンプルを必要とする場合は、[Window] → [TextMesh Pro] → [Import TMP Examples & Extras]を利用します。

Asset版から移行する必要がある場合は、[Window] → [TextMesh Pro] → [Project File GUID Remapping Tool]でアセット版からGUIDを書き換えしてくれるようです。
自分は、Toolの存在に気が付かず、文字が消えたりUnityがクラッシュしたり。。。。結局、GUIを作り変えました。上記Toolは使ってません。不用意に移行しないほうがいいとおもうけど、できそうな・・・ 下記を確認してみてください。

利用方法

利用方法はアセット版と違いがないと思います。

他Assetとの連携について

TextMesh Proと連携するAssetが沢山あります。一部連携できなくなっているものがあると思います。
自分がハマったのは TextFX です。開発元より対処方法を確認しました。

対処メールの抜粋です。

The way the support for 3rd party assets is handled was changed in the last update, so it should now automatically detect that you have the Text Mesh Pro plugin included in your project, and then add a “TMP” scripting define symbol to enable the Text Mesh Pro related functionality.
There’s a known issue with the use of the newest unity package manager instance of TextMeshPro, in which it can’t be detected in the project correctly yet, so you need to manually add a scripting define symbol (via the project settings) for “TMP”.
Then you should be able to see TMP Textfx component variants and options.

具体的には、PlayerSettingのScripting Define Symbols に “TMP”を追記します。

追記の文法は下記を確認お願いします。

さいごに

参考になれば幸いです。